« 「中国人とは何か」を見極めよ | トップページ | 中日関係の悪化、日本人民でなく指導者に問題あり »

2006年3月16日 (木)

外交部就日外相有関文章渉華言論答記者問20060315

中国は特色ある社会主義を建設しており、これは中国人民自ら選択したもので中国の国情にマッチしている。中国の発展は中国人民の幸福だけでなくアジアと世界の平和と安定と発展に重要な貢献を行っている。日本の外交当局最高責任者が中国の政治体制を勝手気ままに論じるのは、極めて不適切である。
中国は平和発展の道を進むことを堅持しており、現在や将来にわたり覇権を求めたりすることはありえない。これは、中国の伝統文化に由来し要求と国家利益により定められて発展してきたものだ。日本にとって当面重要なことは、自分の歴史認識問題を適切に処理することであり、真のアジア隣国の信用を得ることである。
中国は、国家間はお互いに尊重し平等であるべきと一貫して主張してきており、上からものを教えるような態度に反対してきた。周知の原因により、日本は歴史上の錯誤を犯しており、他国にあれこれ指図する立場にはない!

|

« 「中国人とは何か」を見極めよ | トップページ | 中日関係の悪化、日本人民でなく指導者に問題あり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。